便意を感じたらきちんとトイレに行きましょう

便意を感じたらきちんとトイレに行きましょう

勤務先によって、業務中の休憩時間の取り方等には違いがあります。

 

中には非常に多忙で、なかなか休憩が取れない会社もあるでしょう。しかしたとえ休憩時間外でも、便意を感じたら我慢せずきちんとトイレに行く事が便秘予防の第一歩に繋がります。

 

便秘の原因には食生活や運動不足が関わっている場合が多いです。もちろんこれらの点も便秘を招く大きな原因となっていますが、併せて注意しておきたいのがトイレに行くタイミングなのです。

 

人間は、食物を体内で消化し、定期的に排出する機能を持っています。腸で作られた便は、脳からの命令で発せられる便意によって排泄を行う仕組みになっているのです。

 

ところが、仕事が忙しい等の理由で便意を感じた時にトイレに行く事を疎かにしてしまうと、脳が混乱して正常に便意を発生させられなくなってしまう可能性があります。これが重なることによって、腸内に便が滞って便秘になってしまうというわけです。

 

仕事中であっても、便意を感じたら素直にその指令に従うように心掛け、正しい排便習慣を維持するようにしましょう。

妊婦さん安心して便秘解消!オリゴ糖

 

妊娠中に便秘がひどくなり悩んでいました。出産経験のある姉から、妊娠中はオリゴ糖を摂取すると便秘しなくなるよと教えてもらい、さっそく毎朝ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて摂取してみることにしたんです。

 

オリゴ糖ってお砂糖みたいに甘くないので、飲み物や料理に混ぜてもほとんど味が変わりませんし、とても便利だなと思いました。

 

妊婦さんでも安心して摂取することができます。オリゴ糖を摂取するようになってから一週間が経つと、毎日お通じがあるようになりました。便秘のせいで毎日憂鬱でしたが、快適な妊娠生活を送ることができるようになりました。お腹が痛くなることなく、朝になったら自然とトイレへ行きたくなるので良いですね。便秘解消してすごく嬉しかったです。

 

もがき苦しむ大便秘 便秘の恐ろしさは、嫌というほどわかっています。

 

通常の便秘は、どうにかサプリや運動で完全にではないのですが解消しています。

 

常に何となく便秘の状態なので、お腹のスッキリ感がなく、油断するとポッコリお腹になってしまいます。しかし、年に何回か大きな便秘に襲われることがあり、陣痛のような痛みにもがき苦しむのです。

 

忙しい毎日で、いつお通じがあったかなど考えないため、便秘薬などを飲むことがないのが悪いのですが、大きな便秘の痛みは体力を奪われ、貧血を起こしそうになります。

 

吐き気も伴うこともあり、それでもお通じが来ないと何か違う病気なのではと疑うくらいです。

 

その後、大体おトイレを5往復くらいすると溜まりに溜まったものを出してしまい終了となります。今年こそは、大便秘に襲われないよう注意しようと便秘薬を常備しています。

 

乳酸菌飲料のお試しキャンペーンやサンプルってあるの?

 

 

更新履歴